スタッフブログ外壁塗装の塗料の選び方について様々な観点からご紹介します
20.09.28

外壁塗装の塗料の選び方について様々な観点からご紹介します

「外壁塗装をする際に、どのような塗料を選んだらいいのかわからない。」
たくさんの種類がある中で、判断基準を持っていないとどれを選んだらいいかわからなくて困ってしまいますよね。
そこで今回は「外壁塗装の塗料の選び方」についてご紹介します。

 

□どのように選んだらいいの?

塗料を選ぶ際には、まずは性能の違いについて確認しましょう。
建材だけでなく、塗料にも様々な性能があるため、それぞれの特徴によって得られる性能がガラリと変わります。
例えば、遮熱性や断熱性を持っている塗料を使うと、住宅に不要な熱エネルギーを伝えず、家の中が暑くなりにくいという機能を得られます。
そうすることで、家の中の温度を快適に保てるだけでなく、光熱費の節約にもつながるでしょう。
気温の変化が激しい地域では、このような性能を持っている塗料を選ぶことをおすすめします。

他には、防水性を持っている塗料も存在します。
雨水が外壁と通過して入ってきてしまうと、壁内の構造体にまでダメージを与えてしまいます。
そのようなことを防ぐためには、防水性が高い塗料を選んでおくと良いでしょう。
塗料の性能によって、外壁の耐久性や機能も変わってくるので、自分に合った塗料を選んでくださいね。

 

*迷ったらよく使われているシリコン系塗料を選ぼう

 

塗料には性能の他にも、種類が分けられています。
シリコン系、フッ素系、ラジカル制御などの様々な種類があり、それぞれ耐久性や特徴が異なります。
たくさんある中で、どれを選んだらいいかわからないという方は、約7割の住宅に使われているシリコン系塗料を選ぶと良いでしょう。
普及しているため、費用対効果が高い上に、様々な性能の塗料があるのでおすすめですよ。

 

□目的に合わせて塗料を選ぼう

どのような外壁にしたいかは人によって異なりますよね。
そこで目的別におすすめの塗料についてご紹介します。

 

*耐久性が高い塗料を使いたい

 

先述したように、塗料は様々な種類があるため、耐久力の高さはそれぞれの塗料によって異なります。
耐久力が高い塗料を使いたい場合には、フッ素系塗料を使ったり、無機系塗料を使ったりするとよいでしょう。

 

*あまり匂いがしない塗料を使いたい

 

塗料は溶剤によってシリコンやフッ素などを溶かして塗るものなので、溶剤の匂いがします。
実はシンナーなどを含んでいる有機溶剤で溶かしている塗料と、水で溶かしている塗料の2種類が存在するので、あまり匂いがしない塗料を使いたい場合には、水性塗料を使うとよいでしょう。

 

□まとめ

今回は「外壁塗装の塗料の選び方」についてご紹介しました。
この記事を参考に、ぜひ自分にあった塗料を探してみてくださいね。

お問い合わせ

お見積もり、ご相談など
ございましたら
お気軽にお問い合わせ下さい!

メールでの
お問い合わせはこちら

24時間365日受付中

お電話はこちら
(0120-562-147)

受付時間8:00〜19:00

0120-562-147 電話する 電話受付時間 : 8:00〜19:00
メールでのお問い合わせは24時間365日受付中です。